防犯カメラを設置するための基礎知識

防犯カメラには、様々なものがあり、知らずに購入すると後悔することがあるため、選ぶ際にはいくつか気を付けておきたいポイントがあります。失敗しないで選ぶためには、価格や性能などよりも、目的を考えて購入することが大切です。もちろん、価格や性能も重要ですが、目的がちゃんとわかってから選ぶと、どのような性能がどのくらい必要となるのかが見えてくるため、そこで予算と合わせて考えてから購入すると失敗することはありません。防犯カメラは適材適所のため、取り付ける建物ごとにどのようなものをどのように取り付けるかということが違ってくるため、その防犯カメラの特徴をしっかりと把握して、取り付けたい建物の構造などを考えてから予算と照らし合わせながら探すことが大切です。

選ぶ際にチェックする性能について

まず、目的に合う画素数のものを選ぶことが大切です。映り方について確認するためには、自分の目で確かめることが一番です。もしも、目的に合わない低画質の防犯カメラを購入してしまうと、結局購入しても役に立ちません。次に、パリフォーカルレンズ搭載の防犯カメラを選ぶことも大切です。パリフォーカルレンズはピンと調節をすることができるもので、防犯カメラを設置する際に、ちゃんと撮影するためには、レンズを適切なピンとに調節する必要があります。取り付ける場所によっても、選ぶ必要があります。暗い場所に取り付ける際には、赤外線付きのものを、逆光となる場所には、逆光に強いものを選ぶことが必要です。ほこりが多い場所や、雨ざらしの場所などには、ハウジングとよばれるケースを付けたものを選ぶと、カメラを長持ちさせることができます。

購入時にデモンストレーションをしてもらう事と保障や故障対応

購入時は、映り方のイメージと取り付けた後の映り方が異なることがほとんどのため、契約前にデモンストレーションをしてもらうことが、失敗しないためには重要です。実際に取り付け位置にカメラを設置して、映り方を確認してもらうことで失敗を防ぐことができます。保障や故障対応についても聞いておくことが大切です。防犯カメラの部品によっても寿命があり、例えば赤外線付きのものに対しては、赤外線の対応年数は大体2,3年で、寿命が過ぎたらだんだん見えなくなってしまいます。赤外線対応年数が過ぎた場合にはどんな対応をしてもらうことが出来るのかを確認しておくことが大切です。レコーダーやハードディスク、ファンなどの寿命は3,4年程度となります。本体の付属する機能の寿命に対しての確認や、保障や対応について事前に確認しておくことが大切です。

他社との違いは防犯に関する様々なサポートを行っている点で、防犯カメラの販売からシステムの構築まで、様々なサポートをしています。 防犯カメラで安心・安全!ハイビジョン映像による監視をお手頃価格でご提供! 以前は平和だったこの日本でも最近では犯罪が増えつつあるので、防犯カメラをつけるなら今だけ特別料金でお求め頂けます。 防犯カメラの設置工事をご検討中の場合、東京近郊の場合は無料で現地調査を行わせていただきます。