おすすめの絨毯クリーニング業者の見つけ方

絨毯は洗えますが家で洗うのはなかなか至難の業です。家で洗える素材のものもありますし、大きくない物であればチャレンジも出来ると思いますが、それでも通常の洗濯ものやキッチンマットなどとは物が違いますから、掃除機などで掃除はできてもクリーニングになると難しいものがあります。そこで絨毯クリーニングを行っている業者を見つけることになります。絨毯クリーニングは通常のクリーニング店でも行われている会社もあります。また絨毯専門店でも行っていますので、良い絨毯を購入している場合、購入した会社に相談する方法もあります。またハウスクリーニング業者でも行っていることもあります。どの会社も金額は絨毯の種類と大きさによって変わります。1畳1000円以上、高級な絨毯は1畳3000円から4000円前後が相場と言われています。

絨毯クリーニングの相場と依頼する時期

ペルシャ絨毯や中国緞通、パキスタン絨毯と呼ばれるような手縫いのものは非常に良いものが多いので長く使うことができます。そのため、できれば専門のクリーニング店でお手入れをして欲しいですが、1畳4000円以上する上に送料もかかりますし、2週間から1か月ほど時間がかかります。これだけ時間もお金もかけるのだからこそ技術に信頼のおける絨毯クリーニングの会社を選ぶことが大切です。通常の服をクリーニングに出す以上に慎重になりたいです。また夏から秋にかけて絨毯クリーニングの依頼は増えるそうです。これはやはり夏の暑い時期に絨毯は暑苦しく、冬の寒くなる前に絨毯を敷きたいという当然の欲求からです。ですから常に敷いている絨毯をクリーニングする時には、春などに依頼する方が、出来上がりの日数が通常の日程で済むことが多いです。

絨毯クリーニングに出す頻度はひとそれぞれ

絨毯はできれば年に1度は洗った方がいいという話もあれば、2か月に1度洗う方がいいという話もあります。絨毯にはホコリもダニも付きやすく、シミや食べかすはさらにダニを集め、そこからさらに虫が寄ってきます。ただ通常のお手入れをしていれば大きな問題にはならない上に、シミなどは洗剤などを使って落とすこともでき、お手入れの方法は多く紹介されています。大きくないものであれば家庭のお風呂でも洗濯できますし、コインランドリーも利用可能です。ただクリーニング店であろうと一般家庭であろうと、2日は最低でも干し続ける必要があります。これは繊維の奥が乾いていないとカビが生えてくるからです。絨毯クリーニングに出すことで、自分で洗う際の手間も技術も任せられるうえに、たまったホコリや汚れに対処することができますから、気になった時にぜひ利用してもらいたいです。