きっと見つかる適切な絨毯クリーニング業者

絨毯に食べこぼしや、髪の毛などが残っていればダニの温床になりかねません。ダニだけを除去していても根本的な対処にはならないため、日頃のお手入れも大切です。家庭で行なう絨毯のお手入れは、掃除機やブラシでほこりを吸い込んだり、掻き出したりすることが主な方法として取り入れられています。このように、家庭でもある程度は絨毯クリーニングができます。家庭で洗濯ができる絨毯であれば、洗濯でも汚れやダニなどを取り除くことができるものもあります。しかし、洗濯ができない絨毯ではほこりや汚れが十分取れない、取れても素材が傷んでしまう恐れがあります。絨毯クリーニングを依頼する業者は、絨毯を傷つけずに汚れを落とせる技術の有無で決まります。適切に絨毯クリーニングを行なうにはどこを見るべきなのか説明しましょう。

絨毯クリーニングの料金は3つの要素で決まる

料金相場を決める要素は、大きさ、素材、織り方の3つです。まず、大まかな大きさ別にクリーニングのみにかかる料金相場を見てみましょう。たとえば、2帖までのサイズで2000円程度から、3帖までなら4000円弱、それ以上で6000円前後といった具合です。絨毯クリーニングを請け負う業者では、1帖当たりや1平方メートル単位など広さが基準の料金設定が一般的です。実は、大きさだけでなく素材もクリーニング料金に影響しています。先ほど示した相場は、一番安い価格帯の相場です。高級絨毯では1帖当たり3500円以上が相場です。高級絨毯と一般的なものとの違いは、素材や織り方にあります。一般的な絨毯は機械織りで、高級絨毯は手織りです。さらに、高級絨毯にもシルクやウールがあり、素材によって料金が変わります。絨毯クリーニングでは、シルク素材の方がウールよりも高く設定されることが通例です。

絨毯クリーニングはサービスで探そう

絨毯クリーニングの業者を選ぶとき、どのように絨毯を引き渡し、受け取るのかを調べておきます。大きな絨毯ほど、自分で運ぶことが負担になるからです。絨毯クリーニングの業者では、持ち込みでの受付けだけでなく、絨毯を宅配してクリーニングするサービスが用意されることもあります。ただし、宅配送料も絨毯の大きさや素材などで左右されるため、クリーニング代以外にも料金はかかります。住んでいる地域がサービスの対象外になってしまうこともあるため、事前に受けられるか確認しておく必要はあります。他にも、業者に来てもらって、ハウスクリーニングの一環として絨毯クリーニングを依頼できるサービスも行なわれています。人を派遣してもらうため、その分の料金はかかりますが絨毯以外にも依頼するものがあればタイムコストは小さくなります。