どのような防犯カメラを選んだらよいか

日本と言えば、安全と水はタダで得られる国として世界的にも有名です。しかし、近年では両者ともタダで得られるとは言い難い環境となりました。犯罪の凶悪化、一般人が巻き込まれる町中でのトラブルの増加、ストーカー犯罪の急増、今までの時代では考えられなかった悪質で陰湿な手口の犯罪が増加しています。高齢者や若者、そして児童を狙った陰湿な犯罪が増えつつあり、明らかに弱者をターゲットにした悪質商法や通り魔犯罪が増加しており、市民の間では体感的な治安が過去最悪となりました。毎日悲惨なトラブルや凶悪犯罪が報じられる今、市民の方もまた犯罪者のリスクにただ手をこまねくだけではいけません。実際に自治体や学校等では防犯カメラを設置して安全対策を講じる動きが活発化しています。

防犯カメラの設置は地域の治安回復に効果的

防犯カメラは言わば、昔でいうところの「お天道さま」です。客観的な第三者の目線がある事で、その施設や場所の治安は自然と回復します。犯罪もまた悪知恵という理性を持っています。そのため、防犯カメラの目が光る場所で空き巣を働いたり、凶悪犯罪を計画する事はほとんどないと言われています。犯罪者は防犯カメラの無い地域を狙い、計画を立てたり、通り魔やストーカー犯罪に及ぶケースが大多数です。裏を返せばセキュリティ力の高いカメラを設置すれば、安全対策が捗ります。防犯カメラの選び方ですが、設置する場所によって求められるタイプが変わります。室外に設置するなら、首が自由に動かせる監視出来る角度とエリアが広いタイプがおすすめです。死角が出来ると犯罪者が死角を見つけて侵入したり、抑止力が低下するためです。

平均的な価格帯よりもやや上の防犯カメラを選ぶべき

建物の入口など、室内に設置するならカメラ自体が固定されたタイプでもOKです。しかし、入り口だけに一台、設置するだけでは不十分です。いわゆる侵入経路となりそうな場所には出来る限り、防犯カメラを増設したいところです。またカメラの値段と撮影出来る解像度は比例します。安価な製品はリーズナブルでオススメですが、肝心の映像が粗い事が多く、万が一犯罪が発生し、その犯人の特徴や行動を後から確認しようと思っても、解像度が低いため、細かく細部を確認出来ない等のリスクが出てきます。費用対効果は大事ですが、平均的な相場よりもやや若干高めの防犯カメラを選ぶべきです。解像度が平均以上でカラー映像なら、犯人の背丈や衣類や性別、そして行動なども鮮明に記録されます。SDカードやHDDに映像が保存されるものであれば確認やデータの複製も楽々です。それなら警察に提供しやすく、防犯カメラの映像が決め手となり犯罪者を即特定出来ます。