絨毯クリーニングを利用するメリットについて

絨毯というのは直接足も触れますし、掃除機をかけても中々全てのゴミを取り除く事はできません。そして、小さなお子さんがいる家では、食べこぼしやジュースなどをこぼして、すぐに拭いたとしてもシミになってしまいます。ペットなどを飼っている場合だと、ペットの毛も気になります。毛並みの長いペットや毛が良く抜けるペットを飼っている場合だと、尚更です。小さいものであれば自宅の洗濯機で洗えますが、大きいものになると自宅の洗濯機では中々洗えませんし、毛足の長い絨毯ですと、ダニなどのハウスダストも気になります。汚れたままの状態で放置すると、雑菌も繁殖しますし、汚れも取れにくくなります。でも、絨毯をクリーニングに出そうとすると、値段が高いのではないかと懸念してしまいます。そこで、絨毯クリーニングはいくらぐらいが相場なのか紹介していきたいと思います。

絨毯クリーニングの相場を紹介します

やはり絨毯クリーニングは、大きさによって値段も異なりますし、絨毯の素材でも異なります。例えば、一般的な絨毯だと、二畳くらいで大体、2000円ぐらいからできます。三畳以上になると、10000円以上になるでしょう。それが絨毯の素材が高級名ものになると、また変わってきますし、そこに防カビ加工なども追加すると、また値段が変わります。防カビ加工はしなくてもいいのではないかなと思うかもしれませんが、6月の湿度の高い季節にはダニが繁殖しやすいですし、特にペットを飼っている家庭や赤ちゃんがいる家庭ではこの防カビ加工はしておいた方がいいでしょう。特に赤ちゃんはこの絨毯の上を這いずり回ったり寝転がったりするわけですから、やはり防カビ加工はした方がいいでしょう。あとは、ハウスダストのアレルギー持ちの人も同様、防カビ加工はカビの繁殖を抑制しますので、した方がいいでしょう。

絨毯クリーニングを出す頻度や注意点について話します

絨毯クリーニングを出すタイミングとしては、季節ごとに出すのがいいでしょう。夏の時期ですと、梅雨や湿度が高い為、汚れたままの絨毯では菌が繁殖しやすいですし、冬は暖房器具を使用するので、それで菌が繁殖します。ですので、季節ごとに出すことをおすすめします。特に、家の中でペットを飼っていたり赤ちゃんがいる場合はきちんとした方がいいでしょう、ハウスダストアレルギーの人がいる場合も同様です。あとはクリーニング後の保管方法ですが、ビニールに包まれて戻ってくるので、まずはすぐにビニールを外して、しまう前に1度、天日干ししてください。そうすることでクリーニングしてもらった際についた臭いなども取れます。干した後は、丸めて、その後は横にしないで立てて保管して下さい。そして、カビやダニから絨毯を守る為にも、必ず、風通しのいい場所に保管することをお勧めします。