自宅でクリーニングと絨毯クリーニング業者を利用するときの違い

絨毯クリーニングは業者に依頼する場合、その費用は絨毯の素材と大きさによって異なってきます。また業者によっても変わってきますので依頼する前に見積もりを出してもらいましょう。業者に頼まず自分でなんとかしたい、とお考えの方もおられると思います。今回この記事では業者に依頼する場合の費用の相場や業者をインターネットで探す方法に加えて、自分でクリーニングする場合の方法についても紹介していきます。もし自分でクリーニングを行なっても、汚れが落ちない場合や失敗するのが不安だという方は業者に依頼するか新しく購入すると良いでしょう。お気に入りでどうしてもその絨毯を使っていきたい場合は別ですが、特にこだわらない場合クリーニングを依頼するよりも買い換えた方が安く済む場合もあります。どちらも選択肢の一つとして、比較検討していくと良いでしょう。

絨毯クリーニングを業者に依頼する場合の相場

絨毯クリーニングが依頼できる業者によっては、ホームページ等に料金表が記載されている場合があります。また見積もりを出してもらえる業者もありますので、正確に知るためにも利用してみてください。クリーニングを依頼する方法は自宅に来てもらうハウスクリーニングと、衣服と同じように持ち込みで依頼する方法があります。どちらを選ぶにしても、料金は素材や大きさによって大きく変わってきますので相場を調べるときは素材などが記載してあるタグをよく確認すると良いでしょう。家の近くに絨毯のクリーニングが依頼できるお店がない場合は、ハウスクリーニングを利用することも可能です。全体的な費用の相場は、化学繊維でできた絨毯よりもウールなどの天然素材でできた絨毯の方が割高になる傾向があります。素材によっては同じ大きさあたりで倍近く変わることがありますので注意してください。

絨毯クリーニングを自分で行なう方法について

自分で絨毯クリーニングを行なうことで、手間はかかりますが費用を削減することが可能です。自分でクリーニングする方法はまず掃除機で汚れを吸い取ります。ここで取れる汚れは主にホコリです。次に洗剤を薄めた水を用意して、スポンジなどを使って絨毯の繊維に沿って拭いていきます。最後にスチームアイロンをかけて、陰干ししてください。きちんと乾かしておかないと、カビが生えてしまいますので注意してください。また絨毯によっては洗濯機で丸洗いが可能なものがあるので、タグを確認すると良いでしょう。汚れがしつこくて買い換えたい場合は、丸洗いができるものを購入するとお手入れが楽です。新しく絨毯を購入する際は、デザインやサイズだけでなく素材や洗濯の方法についても確認しておくことをおすすめします。