防犯カメラの設置場所と設置方法

現代では様々な問題などが多く、特に、防犯意識が高まってきた人も多いことでしょう。特に自宅、あるいは自宅周辺での不審者などは気になる情報で、問題が起こる前になんとかしておきたいところです。マンション等であれば防犯カメラやオートロックなどの防犯設備が整っていますが、一軒家などでの一般家庭では防犯への対策が整っている家庭が多いとはいえないでしょう。しかし、防犯対策をまったくしない、というわけにはいかず、対策をしないことには安心することができません。そんな人々にオススメの方法が防犯カメラの設置で、カメラであれば自宅にでも簡単に設置することができるのです。今回は防犯対策を行いたい方向けの、防犯カメラの設置場所と設置方法について紹介していきます。

防犯カメラを設置するべき場所とは

防犯カメラを設置する際に最も気になることが、どの場所に設置するとよいのか、ということでしょう。設置する場所は非常に大切で、効果を増大することも減少することにもつながります。カメラを設置する際に最も大切なことは、どのような目的を持って設置するかということです。目的には様々あり、住宅の侵入や車の防犯、店舗経営であれば万引き対策など様々な目的があります。まずはこの目的を考え、それに応じた設置場所を決めることが大事です。例えば、一般家庭での不審者対策であれば玄関に設置することが一般的です。しかし、車の防犯であれば駐車場に設置することになります。また、万引き対策であれば死角になりやすい場所に設置することが重要で、このように目的に応じて設置する場所を決める必要があります。

防犯カメラを自分で設置する場合には

防犯カメラの設置ですが、業者に頼む事が一般的でしょう。場所を指定すれば設置まで行なってもらえるので、非常に便利です。しかし、中には自力でカメラの設置を行う人も多く、防犯カメラは自分の置きたいところに自由に設置することもできるのです。自分で設置する際に注意したいのは、死角と配線です。まず、自分で設置する際にはカメラの画角を把握しておくことが重要であり、しっかりと確認して設置を行わなければ死角を増やしてしまうことにつながります。また、配線に関しては、しっかりと行わなければ見た目が悪くなってしまいます。また、防水に関する処理などを行っていなければ断線等のトラブルが起こる可能性があるので、これらに注意することが必要です。設置自体は工具があれば簡単にできるものであり、専門知識などは必要ありません。