防犯カメラを設置する際の注意点は?

家電量販店やネットで手軽に設置できる防犯カメラが販売されており、設置する家庭が増えてきました。防犯カメラを設置する目的には、シンプルに犯罪を防止したり、何かが起きた時に警察に提出する証拠映像を確保するためだけでなく、家に留守番させているペットや子供の様子を離れたところでも確認するため、というように使い方にもいろいろな違いがあります。目的に応じて屋内用と屋外用と使い分けなければいけませんし、必要となる画質や録画できる時間も変わってきます。しかし、いずれにせよ重要なのは、「撮りたいものを撮ることが出来るのか」という点は重要です。そこで防犯カメラを設置するにあたって、何に注意をするべきなのか、改めて考えてみることで、失敗がないようにしていきましょう。

防犯カメラを設置する場所と最適な機種を考える

防犯カメラを設置するにあたって、とても大事なのは設置箇所です。撮りたい場所に向けてカメラをセッティングするのはもちろんですが、カメラごとに撮影範囲が異なりますし、最適な撮影距離も異なります。屋内用であれば、撮影距離が短くても目的を達成することができるので撮影距離が短い機種が多いですが、ごく概要であればより遠くまで撮影が出来るような機種が増えてきます。もちろんカメラですから、撮影距離や撮影範囲についてはある程度の調整は可能です。一度設置をしてどのような映像が撮れるのかを確認しつつ、最適な設定にすればよいのです。それから、防犯目的ということを考えると、人目につかないところに、ひっそりと設置するのでは犯罪を未然に防ぐ効果は薄れてしまいます。誰が見ても防犯カメラがあるということがわかるようにすることが大事です。

設置をする前にやっておくべき防犯カメラの設定

最近では、設置した防犯カメラの映像を無線で中継して、離れた場所のスマホやパソコンで確認できるネットワークカメラが普及してきています。それは便利である一方で、危険な一面もあり、もしもネットワークカメラの無線LANに第三者が接続してしまった場合には、自宅の内側あるいは外側の映像が丸見えとなってしまいます。家の中に誰もいないということがわかったならば、空き巣が入り込む可能性もあります。そのようなことにならないよう、設置をするときには十分にセキュリティ対策を行うことです。防犯カメラを購入したときの状態で設置をしてしまうと、初期状態のIDとパスワードは少し調べればわかってしまうので、侵入してくれと言っているようなものです。そのようなことにならないよう、設定の変更をして少しでも侵入の可能性を減らしておきましょう。